ペット火葬について知っておくべきこと

このサイトでは、ペット葬儀、ペット火葬について紹介しています。
ペットは今や家族同然で、一番関わりの深い飼い主さんにとってはまさに相棒のような存在です。
その大切なペットが高齢になってきたり,治りにくい病気になったりすると、亡くなった時にはこんなふうに見送ってあげたいというような、漠然としながらもイメージを持ったりするものです。
それをしっかりとした形にしてくれるのが、その専門業者ということになります。

ペット火葬・葬儀とは?人間とどう違う?

ペット火葬・葬儀とは?人間とどう違う? ペット葬儀とペット火葬を行う業者は一つになっていることがほとんどで、24時間いつでも受け付けが行われることが多いです。
電話などで前もって相談をしておくとスムーズです。
葬儀はしてもしなくても自由ですが、個別ででも、合同ででもできます。
合同でする良さは寂しさが紛れることと、料金も下がる事でしょうか。
電話をしたときの業者の話し方などで選んでよいところかどうかも判断できるでしょう。
大切なペットですから、感じの良いところに執り行ってもらいたいものです。
ペット火葬は、ペットの種類や体重で料金が変わってきます。
また、御骨を家族で拾うかどうかでも変わってきます。
お経をあげてもらって家族で見送ってお骨ひろいをするというのが最上の形ですが、御家でしっかりお別れを行って合同の火葬を行ってもらい、合同墓地に埋葬するというのも、十分な供養になります。
ペットとのお別れとは、愛情がこもっていればそれでいいのです。

ペット火葬で行われる葬儀の仕組みについて

ペット火葬で行われる葬儀の仕組みについて 近年、ペットの家庭的な地位は上昇傾向をたどってきました。
ペットを自分の家族と同じように扱う家庭が多くなり、その埋葬方法も変化してきており、かつては単に庭や山に埋葬していたのが、今ではペット火葬なるものが増加しています。
その種類は一般的に合同、個別、立会い、特別火葬の4種類があると言われていて、人間と同等のしきたりがあります。
その仕組みをご紹介しましょう。
合同は他家のペットたちと合同で行われる方法です。
個別は単独で行われるものです。
その他、家族の立会いのもと葬儀が行われる立会い火葬や、希望によって様々な工夫を凝らしてくれる特別火葬があります。
ペットは人間よりはるかに寿命の短いものです。
お別れの日はいつか必ず訪れるでしょう。
そしてペット火葬での葬儀を行う場合は、まずはペット霊園な連絡する事が必要です。
今では全国各地のペット霊園で受け付けています。
お迎えに来てくれる場合もあり、自分で連れて行く事も出来ます。
その後受付を通り、希望した形での火葬を行います。
合同火葬の場合は合同供養塔に埋葬されますが、それ以外の方法では希望すれば納骨堂に安置したり、返骨してもらえます。
霊園で行う以外に、移動火葬車を自分まで呼び、その場や近隣で火葬できる場合もあります。
ペット霊園によって様々な仕組みがあるのです。
トラブルを避けるためには、事前に準備をしっかりして葬儀の内容についてきちんと把握しておく事が重要です。

ペット火葬お役立ちリンク

ペット火葬 足立区