ペット火葬・葬儀のやり方

ペット火葬・葬儀のやり方

ペット火葬・葬儀のやり方 ペット火葬では、斎場まで直接ペットを連れて行くか自宅へお迎えに来てもらうのが一般的です。斎場に行く前にペットの身体をキレイにしてペットシートなどを敷いた適当な大きさの箱に安置します。亡くなってから火葬するまで時間がかかる場合には、遺体の痛みを防ぐために保冷剤などを入れたりエアコンの効いた涼しい部屋に安置しておきます。
ペットの火葬は合同か個別のどちらかを選びます。遺骨を引き取らずにそのまま合同埋葬してもらうのなら合同のほうが費用は安いのですが、家族の一員として供養をしたいのなら個別に火葬をして拾骨をします。個別火葬のやり方も、立会いありなしと2種類の方法があります。ペット火葬を取り扱っている斎場なら、立会いをして葬儀もそのまま行うことができます。可愛いがっていた家族の一員ですので、斎場で火葬の前に読経してもらい最後のお別れをします。一般的なお葬式とは違い、家族が集まってお別れをするというのが葬儀のやり方です。

ペット火葬と葬儀の流れについて

ペット火葬と葬儀の流れについて 自分の家族のように大切にしていたペットが亡くなることはあります。そんなとき、葬儀をして火葬にしてあげたいと思う飼い主さんは多いでしょう。ペットの葬儀やペット火葬は、人と同じように丁重に行われる業者は多いです。
その流れは、まずはペットのご遺体を業者に渡すと、お花に囲まれたような安置所に置かれ、家族でお別れをすることができます。そこで気持ちを整えてから火葬という流れになります。ペットがすきだったおもちゃや食べ物をペットのまわりに置いたのちに、火葬されます。
焼かれたのちは、家族が骨を拾うこともできますし、骨壺に収めることもできます。
ペット火葬のやり方については、業者によってさまざまです。自分のペットが独自で火葬されることもありますが、料金がもう少し安価になると、別の動物と一緒に焼かれてしまうというケースもあります。そのやりかたもさまざまですが、飼い主の予算におおじてやり方もいろいろです。
事前にどのようなやり方があるのかや料金などは調べておいたほうがいいでしょう。