許可が必要な場合がある

許可が必要な場合がある

許可が必要な場合がある ペットが亡くなった際に火葬を希望する飼い主の人が多いのですが、ペットの火葬については様々な注意が必要になります。ペットは人間とは異なり「モノ」で扱われるため、ペットが亡くなった際にはゴミ処分することが一般的となっています。ただし実際には地域や自治体により、それぞれ対応が異なるようです。ペットの死骸は燃えるゴミとして回収に出すように指定されている自治体もありますし、扱いが異なる場合などもあります。
ペットを人間と同じように火葬したいという場合には、まずは自治体に相談をしてみてください。一部には許可を受けることにより、専用の施設で火葬ができる場合などもあるようです。あるいはペット火葬を行う専門業者に依頼するという方法もあります。専門の業者では専用の施設を取り付けた専用車で、ペット火葬を行うことができるのです。依頼者の家の近くまで専用車でやってきて作業を任せることができますし、ペット霊園などの紹介を受けることもできます。

ペット火葬をお願いできる自治体が存在する

ペット火葬をお願いできる自治体が存在する 自治体でペット火葬をお願いしたいと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。ペットの個別火葬が出来る自治体は少なく、火葬のみお願いできるところがほとんどと考えて間違いありません。納骨等は行われることはなく、ゴミの焼却と同じ扱いになります。きちんと供養することができないため、不安を感じる方もおられるかもしれません。
仙台市ではペット専用の火葬施設が存在します。ペットの最期を見送ることができる場所もあるため、安心して利用することができるのではないでしょうか。仙台市が運営する廃棄物処理施設の一部をペット専用の火葬施設にしており、ペット火葬を依頼することができます。一頭ずつ火葬をお願いすることができ、返骨をお願いすることも可能で、骨壷も購入することができます。費用については割高となるため、あらかじめ認識しておくとよいかもしれません。割高となりますが、ペットの火葬施設で火葬がきるため、安心することができはずです。