ペット火葬を合同葬儀でやるメリット

ペット火葬を合同葬儀でやるメリット

ペット火葬を合同葬儀でやるメリット ペット火葬は近年専門に行う業者が増え、多様なプランでできるようになりました。飼い主がお別れに立ち会ったりお骨を拾ったり受け取ったりして自分の手で供養もできますが、他の家と合同葬儀で行い共同墓地に埋葬されるプランは注目すべきものです。メリットとしてお別れに立ち会う時間がなかったり経済的に困難だったりする飼い主の負担が軽くなること、他の家のペットと一緒に供養ができるのでひとりぼっちで寂しく旅立たなくて良いことが挙げられます。
特に高齢者の飼い主は自分の亡き後を心配することが多いので、ペットを永代供養してもらえたら安心できることでしょう。もしペット火葬にそれを選んだら、正しい対処法で腐敗しないように落ち着いて処置を施し、スタッフの引き取りの前に家族でしっかりペットに声をかけてお別れを済ませておくことが大切です。特に重要なのはスタッフが親身になって飼い主に寄り添って分かりやすく説明してくれるかどうか、合同葬儀を安心して託せるかを見極めることです。

ペット火葬や葬儀を個別で行うメリットを知る

ペット火葬や葬儀を個別で行うメリットを知る 愛するペットが亡くなった場合はとても悲しいですが、やはりいつまでもそのままに置いておくことはできず、葬儀や火葬の準備が必要となります。まずは安心して依頼できる業者を見つけましょう。
地域によっては、自治体でもペット火葬を行ってくれるところはありますが、この場合はゴミと一緒に焼却されてしまいますし、遺骨を返してもらうことはできません。
愛するペットをより丁寧に送ってあげたい、遺骨を手元に残したいという場合はペット葬儀社による個別のペット火葬を選ぶことがおすすめです。
こうした業者に依頼するメリットとしては、最後まで火葬に立ち会うことができ、手厚く葬ることもできますし、遺骨も家族が拾うことができます。
業者に依頼する場合も合同で火葬を行う場合は、費用の負担はより抑えることができますが、他のペットと一緒に火葬を行いますので、遺骨の返却は難しくなってしまいますので、遺骨を必ず返してほしいと場合は個別に依頼することがおすすめです。